店舗価格帯イメージ

ざっくり言うと

☑タオバオ店舗のイメージは平均100元以下が低価格帯、150-250元が中価格帯

☑低価格帯は仕入れコストを下げれるが、不良、欠品、納期遅延リスクが高まる

☑販売実績のある優良店舗でもリスクはあるので、値段と店舗評価のバランスを考えるのが重要

▼さらに詳しく

タオバオ店舗は基本的に100元以下の店は低価格帯の部類に入ります。

メリットは、やはり仕入れコストが安く抑えられるというところになります。

デメリットとしては、不良、欠品、納期遅延リスク、品質の低下などがあります。


中価格帯店舗は、平均150-250元の店舗が目安となります。

仕入れコストは上がりますが、上記のリスクが解消され、スムーズに仕入れ発送までを行えるケースが多いです。


値段帯のバランスを考え出品を行うのが重要になってきます。